いまどきのネイル事情

HOME >>  ネイルのあれこれ > 指先をケアする

指先をケアする

お洒落には様々な分野がありますが、以外と気がつかないのが爪を美しく保つ事です。指先は特に見られやすい部分でもあるので、ネイルケアはそういう意味でもとても大切です。人に大きな印象を与える指先は、きちんと清潔に保つ事が最も重要です。

ネイルケアをする場合、まずプレパレーションという下地を作る作業をします。まず、甘皮を綺麗に処理する為に薬剤を利用したり、爪表面のルーススキンを除去する作業をします。甘皮はキューティクルリムーバーを使い、ウッドスティックやプッシャーを使ってゆっくりと甘皮を除去します。
リムーバーがない場合には、簡単にお湯につけ、ウッドスティックだけを使う事もできます。この時気をつける事は、ゆっくりと作業を行いなるべく傷をつけすぎない事です。

さらに、爪の表面を軽くサンディングしておきます。これは、専用のバッファやエメリーボードと呼ばれる、やすりをかけて処理します。バッファやエメリーボードはできるだけ新しい物を使う方が良いです。この時に、爪の長さもやすりをかけて調整しておきます。
アルコールで消毒し、油分を処理したら、早速ネイルケアを始める事ができます。最近では様々なネイルケア用品が販売されている為、選択する幅が増えましたが、主にジェルネイル、アクリルスカルプ、ポリッシュの3つがネイルケア用品にはあります。

これらはどれもネイルサロンでも使われている物ですが、店頭販売やネット販売もしているので、簡単に手に入れる事ができます。特に人気のあるのは、耐久性の高いジェルネイルです。これは、専用のジェル状のネイルを、LEDランプを照射し固めるというものです。

このジェルネイルは、ソークオフジェルという薬剤ですぐにはがせるタイプのネイルにとても人気が集まっており、種類もとても多いです。さらに、ネイルポリッシュも下地に専用のベースコートをつける事で簡単にはがせる物なども新登場しました。以外と見られている指先を綺麗に飾ってみてはいかがでしょうか。

© 2014 いまどきのネイル事情 All Rights Reserved.