いまどきのネイル事情

HOME >>  ネイルのあれこれ > ずぼらさんでもできるネイルケア

ずぼらさんでもできるネイルケア

ネイルのお手入れをしっかりしていますか??特に主婦の方、子育て中の方、手先まで女子力が届いていますか??

いまやネイルアートは女性のメイクの一部となっています。OLさんであれば、職業柄ネイルができない人以外は半数以上の方がネイルサロンへ通っているのではないでしょうか。また男性でもネイルに気を遣っている方が増えてきています。子ども向けのマニキュアキッドも売られていれば、100円均一で手軽にジェルネイルやアートシールを手に入れることだってできます。
それほどネイルに関する情報やモノ、人などが溢れています。

しかし爪なんて爪きりで短く切っておしまいなんていう女子がいるのも事実です。気持ちは分かります。例えば主婦の方にとって、爪の長さは大事。お米を研ぐにも掃除をするにも邪魔な存在。赤ちゃんに引っ掛けたら大変なことになってしまいますよね。
だからといって爪を無残にバチンバチン切っているだけではおばちゃん街道まっしぐらです。ちょっとした一手間で、爪だけでななく、手の印象が見違えるように変わります。一度試してみませんか??女子を取り戻しませんか??

今回はネイルケアの方法をご紹介します。ネイルケアとは文字通り、爪のお手入れをするということ。爪のお手入れをしてあげることで、清潔感を保ち、健康的で強い爪を作り上げることもできるのです。

①お風呂で甘皮処理
ネイルサロンではきちんとした甘皮処理をしてくれます。でもそんなことは家でする時間なんてない!面倒だ!という方はお風呂に浸かっている間に、甘皮部分を反対の親指の爪で小さい円を描きながら下へ押し込んでみてください。これだけで手の印象はガラリと変わります。乾いている状態での甘皮処理は爪自体を削る恐れもあるので危険です。必ず湿らせた状態で行ってください。

②ファイルを使う
ファイルとは爪やすりのことです。100円均一で手に入ります。さて、面倒くさがりの方々、爪きりで爪をバチンバチンと切ることはOKとします。ただ、その後に必ずやすりをかけること!これで爪がとっても綺麗に仕上がります。やはりバチバチと切った爪というのは見てすぐに分かります。できれば白い部分の長さを均等にしたり、形を整えたりしたいところですが、そうしなくてもやすりをかけるだけで印象が変わってきます。

③仕上げはハンドクリームで
ネイルオイルを塗る必要はありません。ハンドクリームで十分です。ただし、手だけではなく、爪と爪周りにもしっかり塗りこんでください。やはり潤いはどのパーツにも大事ですよね。

たったこれだけのことで女子力がぐぐんと上がります。是非試してみてください。

© 2014 いまどきのネイル事情 All Rights Reserved.